人生を変えた目の下のくま取り治療

若い時の無理が今になって

kuma

若い頃は、体力的に自信があったので、残業や休日出勤といった、無理な生活でも難なく続けられました。勤めていたのは、IT関係の職場だったので、パソコン画面に向かう日々が続きました。

毎日仕事中心の生活でしたし、身だしなみや健康管理は最低限だったので、何時の間にか目の下にくまが発生していたり、知らない間に悪化していました。

目の下のくまに気がついたのは、休憩中に聞こえた同僚達の話し声で、何気なく耳を傾けると、目の下が怖い、徐々に酷くなっているという内容が耳に入りました。
この経験はショックでしたし、同僚が怖がっている事もそうですが、今まで自らの顔の変化に、一切気がつかなかった事も驚きでした。

その日は体調不良を理由に、会社で初めて早退を行い、上司から心配されつつ、足早に帰る事にしました。誰もいない自宅につくと、直ぐに洗面所の鏡に向かい、目の下を恐る恐る見ました。

目に入ったのは、本人でも恐怖感を感じる顔で、同時に病気を患っているのではないか、心配になる表情でもありました。

くま取り をする方法は気になりましたが、まずは体調に問題は発生していないか、総合病院でチェックしてもらう事にしました。
結果は、年齢的な若さもあり、ストレスや疲労感以外に問題はないものの、同じ生活を後5年続ければ、急激に病気のリスクは上昇すると警告されました。

このままの生活では、本当に病気になってしまうと感じたので、生活を見直す為に有給休暇を取り、転職に取り組み始めました。
また、この顔で転職は難しいと考え、美容クリニックにくま取りの相談を行いました。

最初は、平均的な容姿の人が、より美しくなる場所と考えていたので、目の下にくまを持つ、マイナス状態で相談をする時は躊躇しました。
しかし、相談にのってくれた先生は、顔を見ても驚く事なく、どの様な悩みと希望があるか、落ち着いた口調で親切に聞いてもらえました。

相談内容は、目の下の効果的なくま取りで、転職の面接時でも、相手に不快感や恐怖を与えない様に、施術をお願いしますと依頼しました。

大丈夫、任せてくださいという先生の言葉は、今でも忘れられませんし、人としても本当に信頼出来ると、本心からそう思えました。

necklece